KDDIのIoTとは?

人とモノとの関係をより良くしたい。
ビジネスを通して、社会や暮らしをポジティブにする体験を生み出すIoT

Friendly IoT

すべての人が、心地よい社会へ。

IoTとは?

デジタルトランスフォーメーションを進める上で、重要なキーワードが「IoT」。モノのデータを活用し、そこから新たなサービスやソリューションを生み出す。あらゆるモノがネットワークにつながり、データがやりとりされるIoTの世界では、通信は単に情報を伝達する役割を担うだけではなく、ビジネスそのものと切っても切れない関係だと考えられます。
「IoTで何ができるのか」。私たちKDDIは、ゼロの段階からお客さまと向き合い、一つ一つ課題を洗い出し、ともに解決に取り組むことで、従来のプロダクトアウトのビジネスモデルから、お客さまと一緒に課題解決を考えるビジネスパートナーとして、変革を推進します。

IoTがもたらす未来

かつて、パソコンやインターネットが広まり始めた頃のように、IoTはまだ社会に浸透していく過渡期にあります。業務効率化を主な目的とするIT投資と異なり、IoTは新規事業の創造や売り上げ拡大につながる“攻めの投資”で、その実効性を検証するPoC(Proof of Concept)の判断要件も複雑かつ多岐にわたり不確実性が高いのも事実です。しかし、IT投資がコスト削減など“引き算”の考え方で進められてきた一方、IoTは「売り上げを伸ばす」「お客さまや社員の満足度を上げる」といった、いわばプラス思考の“足し算”で取り組むべきではないかと、KDDIは考えます。

私たちは、IoTこそ日本企業にとっての勝機だという確信を持っています。製造業を筆頭に、日本企業が現場で長年蓄積してきた、高水準なモノづくりを実現するための実績や改善データには、IoTと掛け合わせることで、トータルソリューションとして提供できる可能性を秘めています。どこかハードルが高く思えるIoTも、ベースは実にシンプルです。まずはスモールスタートで、一緒にビジネスを創り上げ、ともにさらなる成長を目指しましょう。

人が中心のIoT

KDDIが提唱するのは、人にとって「気持ちのいいIoT」。例えば、車の運転のソリューションという観点でいうならば、IoTをもって急ブレーキや速度オーバーを監視してドライバーにプレッシャーを与えるような使い方ではなく、IoTによってドライバーが評価される、ドライバーの負担が楽になる、便利になるソリューションの提供が大切だと考えます。これまでKDDIが提供しているIoT事例としても、生産設備メーカーにおいても、「製造」のプロセスでウェアラブル端末を使い、現場での社員の健康や安全の管理を実現。他にも、混雑した駅でどのトイレの個室が空いているかが分かる小田急電鉄様の新宿駅「トイレ空室管理」やセンサーでごみ箱の回収タイミングを知らせる那覇市国際通り商店街の「IoTごみ箱実証実験」など、人が中心となるIoT導入を積極的に進めています。

豊富なノウハウとソリューション

  • 15年の実績
    IoTという言葉が生まれる以前のM2M(Machine to Machine)時代から、モノとモノをつなぐ回線サービスを提供してきたKDDI。IoTのデータ収集・解析に必須となるネットワークサービスを提供してきた通信キャリアとしての実績があります。
  • ワンストップソリューション
    KDDIは、IoTを推進する上で欠かせない、ネットワークインフラからデバイス、センシング、クラウド、データ分析、それらを束ねて事業を推し進める戦略の立案力・構想力まであらゆる知見をトータルに提供できる数少ないプレーヤーです。
  • SORACOM
    通信プラットフォーム「SORACOM」は、通信とクラウドを融合し、IoT/M2Mに最適化された通信をリーズナブルかつセキュアに提供。迅速にIoTシステムを導入・運用することが可能で、その利用実績は国内外合わせて7,000顧客を超えています。
  • 安心のサポート
    ビジネス環境の変化は速く、特にIoT領域では展開していくスピードが大切です。新規事業を立ち上げ時に求められる、素早いサービスのリリースだけでなく、効果検証のフィードバックを繰り返したサービスの改善をサポートします。