IoT × ”水力発電” × KDDI

LPWAで新興国の小規模水力発電所を管理豊富な水資源を用いた再生可能エネルギーの効率的な発電をサポート

株式会社長大 様

電波状況の良くない山間部にある広大な水力発電所にて
LPWAネットワーク技術を用いて水量を記録し、カメラでも状況を監視可能に

  • 事業創造・イノベーション
  • 水力発電

インドネシアでの小規模水力発電事業をIoTを活用して効率のよい運用体制に

株式会社長大

経営企画本部 財務・法務部 部長補佐 笠原 拓郎 氏(中央)
事業推進本部 事業企画部 専門技師 海野 邦夫 氏(左)
事業推進本部 事業企画部 専門技師 舘 辰正 氏(右)

  • 導入までの背景

    新興国でのエネルギー事業における
    地域発展のための最善策はIoTの活用による運用の最適化

    瀬戸大橋をはじめ国内外の大規模橋りょうを数多く手がけたことでも知られる建設コンサルタントの株式会社長大。
    株式会社長大では新興国での新エネルギー事業をこれからの成長戦略に掲げて事業展開をしています。これまでにフィリピンなど東南アジアを中心に、計画から設計にとどまらず、運営・管理まで総合的にコンサルティングするサービスを提供してきましたが、地域の発展につながる効率的なエネルギーの発電には、運用時のデータ収集や分析の自動化など、IoTの活用は欠かせないと感じていました。

    田園風景
  • 抱えていた課題

    • 広大な発電施設内を安価でつなぐネットワーク
    • 発電施設の効率的なマネジメント

    水力発電は小規模と言っても山間部に設置することが多く、携帯電話の電波が届かない場合がほとんどです。かろうじて電波が届いた場合でも利用料金が高価ではコスト的に導入は難しく、導水管なども含めると全長で5kmにも及ぶ広大な施設のため、低価格でセンサーからの情報を安定して送ることができる技術を探していました。また、効率的な発電のために、データや画像をみながら、水位をコントロールしたり未然に施設の故障や障害を防ぐ管理体制も必要でした。

    社内風景
  • 導入を決定したポイント

    LoRaを使うことで低価格かつ信頼性のある
    リアルタイムのネットワークが実現
    データは日本でも管理可能に

    低消費電力で広域通信可能なLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークのLoRaを利用することで、安価なランニングコストでの運用ができるようになったことが導入の決め手となりました。現地の無線許認可はKDDIが担当し、インドネシア国内であれば同じ免許で設置が可能で、他の施設での導入も容易となりました。事前に実施した実証実験の結果も満足のいくもので、取得したデータは発電所の管理施設や、インドネシアのオフィスだけではなく、日本からもリアルタイムで閲覧することができるようになり、より効果的なコンサルティングを行うことができるようになりました。現地の管理会社にとっても優秀な管理者が一名常駐すると思えば、決して高くない費用感でのサービス提供が可能になったことは、大きなアドバンテージです。

  • 導入後

    クラウドのデータを見て遠隔地からの指示が可能になり
    効果的な発電施設のマネジメントにつながる

    これまでは水量や水位などは、紙に定期的に書き込んでいたり、タブレットに入力したりすることで記録をしていたのですが、時間のズレや誤記など信頼性に欠けるデータも散見されました。
    このシステムの導入で、指定した間隔でのデータ取得が24時間365日、可能となり、クラウドにアップされているデータを見て、遠隔地から水位や水量の状況を把握する事が可能になりました。効果的な発電施設の運用管理につながり、将来的には地域の発展にもつながると期待しています。

    クラウドのデータ画面
    構成図
    LPWAネットワークを利用した水力発電の構成図

まずはお気軽にご連絡ください。
またIoTポータルに掲載されている事例は一部です。

お問い合わせはこちら

その他の事例