IoT × ”ドローン” × KDDI

ドローンによる上空からの被災者の捜索活動訓練を実施。防災分野における、ドローンの活用を検証。

沖縄県、関係市町村 様

平成29年度沖縄県総合防災訓練において、カメラ付きドローンが海上を飛行し被災者を捜索。
ドローンで撮影した映像は、auのネットワークを利用して現地災害対策本部へ伝送。
映像を確認した後、航空自衛隊のヘリコプターにより被災者の救出に成功した。

  • 事業創造・イノベーション
  • 安全・セキュリティ

海上での被災者の捜索に際し、コストや飛行箇所に制約のあるヘリコプターに比べ、緊急的な対応や小回りの利くドローンを活用することで、効果的な捜索活動が可能となり、今後さらなる活用が期待されます。

沖縄県知事公室
防災危機管理課
課長 上原 孝夫 氏

  • 導入までの背景

    海上での捜索の充実のためにはヘリコプターの確保が課題だが、
    導入・維持コストが大きく所有数には限りがある。

    沖縄県は観光客が5年連続で増加し2017年には940万人に達しました。海水浴やダイビングを目的とする観光客も多く、海難事故も発生しています。海上での捜索活動は捜索範囲が広いうえ、緊急的な対応が必要となるため、陸上での捜索に比べ困難な点も多くあります。

    海上での捜索の充実のためにはヘリコプターの確保が課題ですが、導入・維持コストが大きく所有数には限りがあります。このため、ヘリコプターより導入コストが低く、維持メンテナンスが容易なドローンの活用が期待されています。

  • 抱えていた課題

    • ドローン運用の経験がない
    • ドローン操縦者の確保が難しい

    捜索にドローンを活用するアイデアはあったのですが、海上での捜索や災害現場でのドローン運用の経験がなく、機体や操縦者の確保が困難でした。

  • 沖縄県総合防災訓練でのドローンの活用

    ドローン運用の経験がない中で、
    トータルパッケージによる全面的な支援を期待。

    今回の沖縄県総合防災訓練では、ドローン活用の豊富な経験を持つKDDIから全面的なサポートを受けることになりました。KDDIの「ドローンパッケージ」であれば、安定したモバイル通信ネットワークにより、安全な飛行とリアルタイムな映像伝送が実現するからです。また、企画・立案からインフラの構築、運用までのトータルパッケージを提供してもらうことで、ドローン運用の経験者がいないにもかかわらず、安心して検証に取り組むことができました。

  • 導入後

    「ドローンパッケージ」の安定したモバイル通信ネットワークにより、
    安全な飛行とリアルタイムな映像伝送が実現。

    今回の沖縄県総合防災訓練では、ドローンは海上での被災者の捜索に有効な手段であることが確認できました。
    今後も、災害現場などへのドローン活用に向けた検討を進めたいと思います。

まずはお気軽にご連絡ください。
またIoTポータルに掲載されている事例は一部です。

お問い合わせはこちら

導入したサービス

他の事例