IoT × ”登山” × KDDI

富士登山の安全性や利便性を高めるために、登山者数の「見える化」を検証

静岡県御殿場市 様

御殿場口登下山道やハイキングコースの5カ所にIoTセンサーを設置して、
インターネット経由で正確に登山者数を把握できることを確認。

  • 事業創造・イノベーション
  • 安全・セキュリティ

富士登山の安全性や利便性の向上に、登山者数の把握が欠かせません。今後の整備計画にも役立つでしょう。

御殿場市
産業スポーツ部
勝俣 昇 氏

  • 導入までの背景

    効率的に登山者数を把握し、
    今後の施策に生かすために、IoTセンサーの有用性を検証

    登山者数を把握することは、登山者の安全性・利便性を高めていく上で極めて重要なデータとなります。御殿場市では、登下山道に加え、複数あるハイキングコースの利用者数の把握を効率的に行うとともに、KDDIと「データの見える化」の実現を目指しました。

    富士山
  • 抱えていた課題

    • 広範囲にわたるハイキングコースの状況把握
    • データの収集には計測地点まで担当者が毎回登山することが必要
    • 登山者へ混雑状況などの情報提供

    これまで登山者数の計測は、登下山道を中心に行っており、ハイキングコースの把握までできていませんでした。また、計測データを収集するためには、担当者が計測場所まで登山する必要があるため、データをリアルタイムに取得し、登山者へ情報公開を行うといった手段もありませんでした。

    登山風景
  • 導入を決定したポイント

    省電力で広域エリアをカバーでき、過酷な自然環境にも耐えられるIoTセンサーが必須

    本プロジェクトでは、御殿場口の登下山道とハイキングコースという広いエリアにおいて、約1カ月にわたり登山者数のカウントを行うため、省電力で広域エリアをカバーする仕組みが必要でした。また、富士山の過酷な自然環境に耐えられるように、防水性や耐久性に配慮したつくりでなければなりません。
    そこで、IoTの通信規格であるLoRa WANを用いて、通信エリアの検証と、IoTセンサーの電力消費量と電源耐久性の確認を行い、その結果を踏まえて今後の実運用を検討することになりました。
    また、ウェブサイトで公開するアプリケーションを構築するために、「KDDI IoTクラウド Creator」を利用し、アジャイル開発手法を用いて、短期間でサービスの提供を実現しました。

    IoTセンサーを用いて今後の実運用を検討
  • 導入後

    登山者数の把握のみならず、
    登山者・ハイキングコース利用者の分析を通じて整備計画や
    ツアー企画の立案も可能に

    市の担当者や登山者自身が、いつでも、どこからでも、登下山道やハイキングコースの混雑状況をウェブサイトで確認できるようになりました。
    見える化の結果、新たな事実として、山頂を目指さず、散策をして新五合目に戻る観光客やハイキング客が全体の8割ほどを占めることが分かりました。御殿場口の新五合目付近はハイキングコースが整備されているので、その周辺を散策したり、山小屋でお茶を飲みながら美しい山容を仰ぎ見るだけでも十分楽しめると考えている方が予想以上に多いといった分析も可能となりました。
    また、約1カ月にわたる検証の結果、通信エリアやIoTセンサーの電力消費量・電源耐久性の実用性も確認できました。

    登下山道やハイキングコースの混雑状況をウェブサイトで確認できる

まずはお気軽にご連絡ください。
またIoTポータルに掲載されている事例は一部です。

お問い合わせはこちら

導入したサービス

他の事例