センサーデータの異常をベテラン管理者がリモートで読み取ることで、陸上から安全運航の支援が可能に。

栗林マリタイム株式会社 様

船上の集中監視システムが収集した各種センサーデータを
衛星通信サービス経由でKDDIのクラウドに蓄積し、
陸上からのリアルタイム監視を実現。

  • 故障予知
  • 海運業

トラブル発生時にも、乗組員は船を自力で寄港させなければなりません。IoTでその作業を陸上から支援します。

栗林マリタイム株式会社
船舶部 副部長 海務監督 真治 正章 氏
船舶部 副部長 工務監督 大谷 明豊 氏

  • 導入までの背景

    少ない乗組員での運航や、乗組員の負荷軽減に役立つ
    M0内航船をいちはやく導入。

    同社は、機関室の無人化運転が可能なM0(エムゼロ)内航船を他社に先駆けて導入し、今日では内航大型船のすべてに採用しています。M0とは、Machinery Space Zero Personの略であり、機関室や制御室の主要装備にセンサーを組み込み、そのデータを集中監視システムで収集することで、エンジンなどの制御と監視をブリッジ(操舵室)から行うことが可能です。少ない乗組員での運航や、乗組員の負荷軽減に役立っています。

  • 抱えていた課題

    • 陸上のベテラン管理者が、機関室の異常を予兆の段階で発見できるようにしたい
    • トラブル発生時には、陸上のベテラン管理者がいち早く支援できる体制を構築したい

    M0船の機関室では、日中のみ当直し、夜間は自動制御することで非番となりますが、何らかのトラブルの際には即時対応が求められるため、心身を完全に休めることはできません。そこで、陸上のベテラン管理者が、センサーデータから故障の予兆を見つけ出したり、万が一のトラブルの際に対応を支援したりすることで、乗組員の負担を軽減したいと考えました。

  • 課題を解決したポイント

    機関室や制御室の状況をリアルタイムで知るだけでなく、
    過去に遡って状態の変化を調べることも可能に

    実証実験を行った神瑞丸(13,097総トン)には、機関室や制御室の各種センサーデータを収集する集中監視システムが既に搭載されていました。そこで、エンジンのシリンダー温度や冷却水温度などの主要データを、KDDIが新たに設置したIoTゲートウェイ装置で受け取り、衛星通信サービスでKDDIのクラウド上に送信・蓄積する仕組みを構築しました。

  • 導入後

    トラブルが発生して現場が対応に追われるときにも、
    陸上から冷静な指示ができるようになります

    陸上の管理者は、機関室や制御室の状況をリアルタイムに確認し、故障の予兆を発見できるだけでなく、トラブル発生時には過去に遡って状態の変化を調べることが可能になりました。「幸いなことに、実証実験中に運航上のトラブルは発生していませんが、万が一のときには、現場は対応に追われてしまうため、陸上から冷静で的確な指示ができ、安心です」。

導入したサービス

他の事例