IoT × ”養殖” × KDDI

経験や勘に頼っていたノウハウをデータ化して蓄積し、鯖養殖技術の確立につなげたい。

福井県小浜市 様

水温や酸素濃度などを自動計測してKDDIのモバイル回線でデータ管理。
出荷数とのデータ連携により、餌やりなど日々の業務の効率化推進を目指す。

  • 事業創造・イノベーション
  • 漁業
  • 導入までの背景

    「鯖街道」の起点として賑わった小浜市
    漁獲量の激減でスタートした「鯖、復活」プロジェクト

    かつては鯖が大量に獲れ、京都まで鯖を運んだ「鯖街道」の起点として大いに賑わった小浜市。
    近年では、鯖の漁獲量が全国的に落ち込み、小浜の漁獲量も激減した。今でもお土産や名産品として多くの鯖加工品が売られているが、そのほとんどはノルウェー産。小浜市では、地元産の鯖を復活させ、鯖の食文化の新たな展開による地域活性化を目指し、「鯖、復活」プロジェクトを開始した。

    鯖漁業の様子
  • 抱えていた課題

    • 漁業者の経験と勘に頼っていた養殖技術
    • 養殖技術を確立するためにデータ化は不可欠

    これまでは鯖の稚魚に与える餌の量は、漁業者が水を汲み上げ水温を測って、経験と勘で決めていた。
    市場への安定した供給や、地域間の競争に勝つには、業務の効率化が欠かせない。実現にはこれまでに例のない仕組みが必要だと考えた。

    鯖漁業の様子
  • 導入を決定したポイント

    1時間に1回の自動計測で海中の状況がサーバーに送信
    遠隔操作で海が荒れていても状況把握が可能

    小浜市田烏の漁港内に設置された養殖いけすに、1時間に1回計測可能な装置を設置。水温や酸素濃度、塩分濃度をKDDIのモバイル回線でサーバーに送信しており、タブレット端末を用いて遠隔操作で状況が把握できる。海が荒れていても、陸地から海中の状況が手に取るように分かるメリットは大きい。

    養殖いけすに1時間に1回、計測可能な装置を設置
  • 導入後

    データを蓄積して分析することでメリットを提供
    安心して作業ができると高評価

    漁業者には日々の餌の量や時間などをタブレット端末で入力してもらっている。最初は抵抗があったようだが、いまでは「手書きで伝えるよりも正確で早い」と評判だ。また「水温にあった餌の量や、餌を止めるタイミングなど、ハッキリしたアドバイスが提供されるので、安心して作業できる」という声も聞こえる。

    日々の餌の量や時間などをタブレット端末で入力

まずはお気軽にご連絡ください。
またIoTポータルに掲載されている事例は一部です。

お問い合わせはこちら

関連したサービス

他の事例