IoT × ”農業” × KDDI

「コウノトリと共に生きる」IoTで無農薬栽培における水管理の負荷を軽減する実証実験開始

兵庫県豊岡市 様

KDDIのセルラーLPWA(LTE-M)に対応した水位センサーで省電力化を実現。
水位異常時のメール配信や、スマートフォン・タブレットでの水位確認が可能に。

  • 事業創造・イノベーション
  • 農業

IoTを用いて省力化・効率化を目指す、スマート農業プロジェクトを開始。

兵庫県豊岡市 様

  • 導入までの背景

    豊岡市が推進する無農薬栽培「コウノトリ育む農法」
    水管理の効率化が、作付け面積の拡大には不可欠

    豊岡市で取り組んでいる「コウノトリ育む農法(無農薬栽培)」では、雑草対策として通常よりも深く水を張る必要がある。あわせて、農薬を使わない代わりに、害虫を食べるカエルやヤゴを増やすためにも、通常よりも長い期間、水を張る必要もある。
    「コウノトリ育む農法」では、こまめな水管理を行うため、水田の見回りにかかる労力が、大規模農家による作付け面積の拡大を阻んできた。

    水田風景
  • 抱えていた課題

    • 農家の労働時間の約50%を占める水管理
    • 水田の区画が小さく、地区も分散しているケースが多い

    豊岡市の大規模農家の耕作地は、区画が小さいうえ、数地区にまたがっていることが多く、水管理作業が非効率であった。かつ、その非効率な作業が労働時間の約50%に相当するのである。水田に水位センサーを設置し、異常時にメールで通知が届いて、スマートフォンやタブレットで水位が確認できれば、大きな負担軽減につながると考えた。

    水田用センサー端末を設置
  • 導入を決定したポイント

    IoTに最適化された低価格小容量の通信規格「LTE-M」
    単2電池3本で約6カ月稼働

    水位センサーには、消費電力も少なく、通信エリアも広い規格「LTE-M」に対応した通信モジュールを搭載。1時間ごとに水位・水温・地温の各データをクラウドサーバーに送信し、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも水位を見ることができるうえ、各データの異常値をメールで知らせることも可能になった。異常値はセンサーごとに設定変更が可能であり、水田ごとの特性を理解して設定すれば、ノウハウの継承にも役立つだろう。

    農業向けITセンサー
  • 導入後

    安定した品質と収量向上を目標に
    実証実験にかける期待は大きい

    実証実験に参加している農家からは「自宅にいても水田の水位や水温の変化が視覚的に確認できるのは助かる」「これまで見回り作業が大変だったので、少しでも楽になれば」と期待は大きい。
    豊岡市では「スマート農業プロジェクト」を、水管理の省力化だけでなく、稲の生育のムラを解消し、収量の向上および品質の安定化につなげられるよう検討を続けている。あわせて、IoT技術を活用した実証実験を進める中で、若い人たちの農業への関心が高まることも期待している。

    スマートフォンやタブレットでも水位を見ることができる
    構成図
    LTE-M対応の通信モジュールと水位・水温・地温のセンサーを搭載したポールを組み合わせ、クラウドサーバー経由で水位を確認できる

まずはお気軽にご連絡ください。
またIoTポータルに掲載されている事例は一部です。

お問い合わせはこちら

導入したサービス

他の事例