KDDI IoTポータル - AI・クラウド時代に応じた最新情報をご提供

M2Mで儲かるアスパラ栽培?
ビックデータ活用で最適環境!

国内外のあらゆる場所で活用されている「M2M」。
実は農作業においても「M2M」技術により、儲かる農業を実現させているのです。
北海道美唄市で実証実験中の「寒地における革新的技術を実装した高収益施設アスパラガス経営の実証」(*1)
における事例から、その活用方法に迫ってみましょう。

(*1) 農研機構生物系特定産業技術研究支援センター「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術展開事業
(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」において、
寒地高収益アスパラガス経営研究グループ(研究代表機関:酪農学園大学、研究機関:
(株) ソラール、(株) CSソリューション、内山農園、JAびばい)が実施。

  • 「革新的技術を実装した高収益施設」
    におけるM2Mとは

    アスパラ栽培 M2M構築の様子

    M2M (Machine to Machine)とは、個別稼働する機器にICタグやセンサーを付け通信機能を持たせ、機器同士のデータをリアルタイムで統合・制御できるシステムです。多くの計測機器をネットワークに繋げることにより、人の操作無しで最適な制御が行えるようになります。

    アスパラ栽培のM2M構築においては、まず歴史と実績のあるアスパラ農家に代々伝わる独自の栽培手法をデータ化、分析することで安定して収益を得られるモデルを構築します。

    このデータ化と分析には、栽培現場に複合センサーやカメラ、データロガーを設置。風向、風速、降水量、気圧、気温、湿度を24時間遠隔で計測します。

    これらのデータをモバイルネットワーク経由でクラウドに集約し、このビックデータを集計することでその時々の天候に合った栽培管理を実現。このようにM2M技術を活用することで、今まで農家の方々の経験とカンに頼ってきた最適な栽培管理が幅広く展開できるようになったのです。

  • 儲かるとやってみたい人が増え、地域にも活気

    アスパラ栽培 実証実験の様子

    農作業は、お天気次第でなかなか計画通り進められないのが現状です。晴れた日に作業が集中してしまうこともしばしば。繁忙期に休みが無いということも珍しくはありません。多くの作業時期が重なり普段出来ていた作業を取りやめることもあります。このような非効率な作業では、人手も足りず、ますます儲からなくなります。

    実証実験の目的は、高収益施設アスパラガス経営の道筋をつけること。革新的な技術を導入し、現状年7ヶ月の栽培期間を9ヶ月に延ばすことで、収量を増加させると共に単価の高い時期の出荷が見込め、高収益が実現されます。M2Mによる作業の自動化は農作業の負担軽減だけではなく、作業平準化にもつながるため、この実証実験を通して、農業における人手不足も解消していくでしょう。これにより雇用の創出、そして地域、農業のさらなる活性化が期待されています。

    職人技ともいえる農作物栽培技術に「根拠」を持たせ、最適な生育環境を保持し、さらに磨きをかける。「M2M」の活用が広がることで、日本の農業の明るい未来が見えてきました。

    (文:四方美架)

KDDIのIoTについて詳しくはこちらをご覧ください。

詳細情報を見る