KDDIのIoT/M2M担当者インタビュー第2弾。
もっと教えてください!

先日、KDDIのIoT/M2M担当者 藤井裕美さんにお話をお伺いしました。
IoT/M2Mは自動販売機や河川の監視など身近でたくさん使われていることが分かりました。
また、通信機器やセンサーの急速な進歩によりIoT/M2Mの応用範囲もどんどん広がっていて、
メガネ型コンピューター(スマートグラス)や腕時計型コンピューター(スマートウォッチ)など、
これから大きく伸びる分野であることが分かりました。

掲載したIoTニュースの反響がとても大きかったので第2弾として、
同じくIoT/M2Mの営業を担当している入社3年目の石原佳世子さんに
営業としてのお仕事をもっと詳しく伺いました。

  • -まずはご担当の業務内容を教えてください。

    モバイルビジネス営業部 営業2グループ 石原佳世子さん

    藤井と同じですが、IoT/M2Mサービスを提供されている法人さまにKDDIのIoT/M2Mソリューションを販売する担当をしています。

  • -KDDIの営業というとスマホや専用線を販売している
    イメージがありますがIoT/M2Mの営業は違うのですか?

    もちろんM2Mをご利用いただくために通信モジュールやそれにつながるネットワークを提供することが中心ですが、IoT/M2Mのお客さまは自社で利用されるケースだけでなく、更にお客さまに販売されるケースも多くあります。いわゆるB2B2BやB2B2Cといわれる形態です。

    お客さまはM2Mサービスを開発・提供されることになりますので必要とされるソリューションも多岐にわたります。KDDIでは通信モジュールの販売や回線の提供だけでなく、機器の開発支援やクラウドサーバ提供、料金の請求・回収代行やコールセンター代行、機器の設置代行など多くの分野のサービスを提供しています。

  • -その中でも特に必要とされるサービスはなんでしょうか?

    モバイルビジネス営業部 石原さん

    お客様によってまちまちなので一概に言えないですが、例えば新たにM2M機器を販売されたいお客さまで社内に開発するリソースがない場合は開発をご支援することもあります。アプリケーションの開発は得意ですが機器の開発はされたことがないお客さまもいらっしゃるのです。また、提供されたM2Mサービスの販売が好調で機器を設置するリソースが足りない場合は、KDDIが機器設置のご支援することもあります。必要とされるソリューションを適切なタイミングでより良い提案を行うため、IoT/M2Mの営業担当は多くのサービスをワンストップで対応するのが特長です。

  • -ワンストップで担当されるとはすごいですね。
    ご担当されているサービスを教えていただけますか?

    SANフラワー見守りサービス

    SANフラワー見守りサービス

    私が担当する加藤電機様は「SANフラワー見守りサービス」をご提供されています。これは「SANタグ」(写真右下、ピンクとブルーの端末)という電波を発信する小さな機器を身に着けているだけで、SANアンテナ(写真左、クリーム色の端末)を経由して収集した情報からいつでもスマートフォンやパソコンを使って位置を知ることができる見守りサービスです。また、災害による遭難、認知症患者の徘徊、子供の誘拐などの緊急時には「SANレーダー」(写真右上、黒い端末)を利用して誤差50cm程度まで「SANタグ」を捜索することができます。

    これまではGPSを利用した見守り端末が一般的でしたが、GPSでは屋内で測位できない、電力消費が激しいため電池切れで有事の際に機能しないなどの問題がありました。しかしこのSANフラワー見守りサービスは、周波数920MHzの電波を活用することにより電池長持ちかつ屋内外関係なくSANタグまでたどり着き発見することができます。KDDIの通信モジュールはSANアンテナ(写真左、クリーム色の端末)に組み込まれておりこのシステムを支えています。

    SANフラワー見守りサービスは、IoT/M2Mの分野で社会貢献の推進、先進的なモバイル活用、顧客満足度の向上、業務効率化等の成果を上げた事例が顕彰されるMCPC award 2015にて「ユーザ部門 モバイル中小企業賞」を受賞されました。

  • -IoT/M2Mの営業をやっててよかったことはありますか?

    KDDI IoT/M2M担当 石原さん・藤井さん

    配属されたときは「通信モジュールって何?」という状態だったのですが、多くのお客さまにお話を伺っているうちに、IoT/M2Mは本当に多くの分野で利用されていることが分かりました。海外製の安価な通信モジュールや機器もあるのですが、KDDIの通信モジュールは長年にわたる信頼と多くの方々に利用されている安心感でとても評価されています。

    最近では新たにIoT/M2Mサービスを始められるお客さまも多く、KDDIに対しては通信モジュールやネットワーク以外のサービスへの期待も大きいです。お客さまの業務効率化や新たなサービスづくりに役立てることに本当にやりがいを感じています。

  • -最後にひとこといただけますか?

    インダストリー4.0やスマートメータ―などIoT/M2Mに関連した言葉を毎日のように聞きます。
    このような成長分野に携われて本当に良かったです。お客様の事業をサポートすることで関わらせていただいたサービス・事業が社会に少しでも貢献できればとてもうれしいです。

    -本当にIoT/M2Mが好きなんですね。石原さんのこれからの活躍楽しみにしています。2回にわたり藤井さん、石原さんに貴重なお話をお伺いさせていただきありがとうございました!

KDDIの「IoT」「M2M」についてより詳しい情報は
下記サイトよりぜひご覧ください。

詳細情報を見る