APIとは? - APIとは何なのか、なぜAPIを使うのか活用事例も含めて詳しく解説します

APIとは?アプリケーション開発にAPIが重要な理由や活用事例も紹介

アプリケーション開発やシステム開発を行うエンジニアはもちろんですが、
最近ではサービスを販売する営業や利用するユーザーにもAPIという言葉が
徐々に浸透してきています。 しかし、言葉を耳にしたことがあっても、
詳しい内容まではよく分かっていないという方も多いのではないでしょうか。
KDDIでは現在、「KDDI IoTクラウド API Market」とよばれる
プラットフォームを提供しており、急速に高まるAPIへのニーズに対応しています。
今回は、そもそもAPIとは何なのか、なぜAPIを使うのかなども含めて詳しく解説していきます。

  • そもそもAPIとは?

    APIとは「Application Programming Interface」の略称です。このうちインタフェースとは接続する部分という意味をもつ言葉であるため、APIは外部のアプリケーションと連携するための機能といえます。

    外部のアプリケーションと連携

    「APIが公開された」という言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、これはアプリケーションの中身が公開されたという意味ではなく、あくまでも外部のアプリケーションと連携したり共有したりするために必要な部分だけが公開されたということです。
    そのため、APIを公開する際には併せて仕様やルールも定められることが多いです。たとえば、どのような機能が実装されているのか、アプリケーションと連携するうえでの注意事項などがそれにあたります。

  • APIを活用する理由とは?

    そもそもなぜアプリケーション開発においてAPIというものが生まれ、活用されているのでしょうか。実はAPIにはアプリケーションを開発する側はもちろん、サービスを利用するエンドユーザーにとっても大きなメリットがあります。

    まず、APIを活用することによってアプリケーション開発の工数が減少し、開発効率アップにつながります。ある機能を実装したアプリケーションを開発したいと考えたとき、一部の機能はすでに他社が開発して提供されていることも多いものです。そこでAPIを活用することによって、該当の部分の機能は外部のアプリケーションと連携させ、自社では開発を行わずに済みます。APIを公開している側にとっても、自社だけではなく外部のアプリケーションユーザーによって多くのデータが収集できるメリットがあります。このようにAPIを活用して開発コストを極限まで下げることによって、より安価な料金でアプリケーションを提供できます。結果としてアプリケーションを利用するエンドユーザーも恩恵を受けることになります。

    ちなみにアプリケーション開発においてはWeb APIという技術が多く利用されています。Web APIとはその名の通り、HTTPやHTTPSをベースにやり取りを行うAPIです。通常のAPIはアプリケーションを構築したプログラミング言語同士でしか連携ができません。しかし、Web APIであれば異なるプログラミング言語であっても連携が可能であり、高い汎用性を実現できます。

    Web APIの仕組みWeb APIの仕組み

    Web APIの実装方法としては「SOAP」と「REST」という方式があります。SOAPとはインターネット黎明期に登場したプロトコルで、XMLによって記述します。一方でRESTとはSOAPの後に登場したプロトコルで、SOAPよりもシンプルで軽量な設計であるため現在主流となっています。

  • KDDIが提供する代表的なAPIカテゴリー

    アプリケーションを効率的に開発するうえでAPIは必要不可欠なものといえますが、実際にどのようなAPIが提供されているのでしょうか。今回は、KDDI IoTクラウド API Marketで公開されているAPIの中から、代表的なカテゴリーをご紹介します。

    金融

    東京証券取引所が提供する過去銘柄の四本値を取得するAPIなどをはじめとして、主に証券取引に利用するAPIが提供されています。

    詳しくはこちら

    ヘルスケア

    医療機関情報の提供APIや食事画像から栄養素を解析するAPI、健康診断結果から疾病予測を行うAPIなど、健康管理に関するAPIが提供されています。

    詳しくはこちら

    天気情報

    精度の高いピンポイント天気予報や過去の観測値データ、防災に関する情報を取得するAPIなどが提供されています。

    詳しくはこちら

    地図情報

    公共交通機関の経路探索、高速道路のルート検索、指定した拠点を地図上に表示させるAPIなどが提供されています。

    詳しくはこちら

    位置情報

    GPSによって取得したトラッキングデータやビーコンから取得したデータなどを利用できるAPIが提供されています。

    詳しくはこちら

    音声合成

    機械的な音声ではなく、より人間らしい感情のこもった音声読み上げ機能を提供するAPIなどが今後提供される予定です。

    詳しくはこちら

    自然言語処理

    対人間に近い自然な会話を提供するAPIや、表示された画像を言葉で説明するAPIなどが提供されています。

    詳しくはこちら

    画像認識

    写真や画像を認識、登録し、条件に合うデータを検索するAPIや、登録した画像をWEBサービス上で実物大に表示させるAPIなどが提供されています。

    詳しくはこちら

    エンタメ

    クロスワードパズルやナンプレのAPI、音源から楽曲検索ができるAPIなどが提供されています。

    詳しくはこちら

  • APIの活用事例

    APIを活用すると、まるでプラモデルを組み立てるように必要な機能を必要な部分に手軽に実装できます。
    たとえば簡単なコミュニケーションができる音声アシスタントのアプリケーションを作りたい場合は、自然言語処理のAPIを導入し、想定される質問とその答えを準備します。さらに天気予報のAPIと連携することで天気の話題に対応することもできます。

    天気予報APIや自然言語処理APIと連携

    また、アプリケーション開発の場面だけではなく、私たちが普段閲覧しているWEBサービスでもさまざまなAPIが活用されています。特に代表的な事例として挙げられるのが、TwitterやFacebookなどのSNSです。WEBページにこれらのAPIを追加することによって、エンドユーザーはワンクリックするだけで手軽にWEBページをシェアすることができ、素早い情報拡散に貢献しているといっても過言ではありません。

  • APIを活用することで多様な
    サービスやアプリケーションが誕生する

    APIと聞くと難しい言葉に考えられがちですが、効率的なアプリケーション開発には欠かせない仕組みといえます。多様なAPIが登場することによって、これまでにない革新的なアプリケーションやサービスが生まれてくる可能性が高くなります。
    KDDI IoTクラウド API Marketで公開されているAPIも幅広い用途に活用でき、私たちの生活をより便利にしていくことでしょう。

    KDDI IoTクラウド API Market 多様なAPIラインアップ

    (文:西村広光)

お問い合わせ

まずはお気軽にご連絡ください。
専門の担当者が丁寧にサポートします。

お問い合わせはこちら

コラムアクセスランキング

[2019年12月2日~12月8日]

関連ページ

本コラムで紹介したAPIはKDDI IoTクラウド API Marketで提供中です。