IoTコラム - AWS「アマゾンウェブサービス」の基本的な内容とIoTとの活用事例を詳しく解説します

AWSとは?
アマゾンウェブサービスをわかりやすく解説
IoTへの活用事例も紹介

インターネット人口の爆発的な増加とともに、クラウドサービスを導入する企業が増えています。
スタートアップは企業もちろん、セキュリティに厳しい金融業界や政府機関、
大企業においても続々と採用が進んでおり、なかでも代表的なサービスに
AWS」というプラットフォームがあります。
そこで今回は、AWSの基本的な内容はもちろん、導入時のメリットや
デメリットのほか、IoTとの活用事例も詳しく解説していきます。

  • AWSとは?

    AWSとは「Amazon Web Service」の略称で、その名の通りアマゾンが提供しているクラウドコンピューティングの総称です。「クラウドといえばAWS」とよばれるほどAWSは世界で圧倒的なシェアを誇っています。

    AWSの世界シェア

    パブリッククラウド市場における世界シェア
    [出典:Synergy Research Group]
    Amazon, Microsoft, Google and Alibaba Strengthen their Grip on the Public Cloud Market

    アマゾンには日々膨大なユーザーからのアクセスがあり、それを支えるための強固なインフラが必要不可欠です。アマゾンの社内で抱えていた課題を解決するための手段としてクラウドサービスを開発し、サーバやストレージなどを増強していったのですが、それらのノウハウをサービスとして提供しようと始まったのがAWSです。

    AWSの基本を理解するためには、まずはクラウドコンピューティングそのものの仕組みを押さえておく必要があります。クラウドコンピューティングとは、他社の提供するシステム(インフラ)をインターネット経由で仮想的に利用することができる仕組みのことです。必要なときに必要な量のITシステムへ簡単にアクセスでき、料金は実際に使った分だけの従量課金制となっていることが一般的です。

  • 従来の物理サーバーとの違い

    クラウドコンピューティングサービスが登場する前まで、サーバーを利用する必要があれば自社の建物の中などにサーバー機器を設置して利用するのが一般的でした。この運用形態のことを「オンプレミス」といいます。

    オンプレミスでは、サーバー機器を購入し管理しなければならないのはもちろんのこと、設置するスペースも確保しなければなりません。サーバー機器を購入するのにお金がかかりますし、納期が長ければ使えるまで時間がかかることもあります。

    オンプレミスとクラウドコンピューティング

    対するクラウドコンピューティングでは、「サーバー機器を購入する」「管理する」「スペースを確保する」「納期の間、待つ」といった必要は一切ありません。インターネットからクラウドコンピューティングサービスに接続しさえすれば、すぐにでも必要なサーバーなどのリソースが使えるわけです。クラウドコンピューティングの登場によって、サーバーやストレージ、ソフトウェアなどのコンピューティングリソースが、以前と比較にならないほどスピーディーかつ手軽に利用できるようになりました。

  • AWSで提供されている機能

    AWSではどのような機能が提供されているのでしょうか。代表的な9の機能をご紹介します。

    データ保存

    2006年にクラウドストレージサービスとしてリリースされたAmazon S3はデータのバックアップシステムを構築する際などに必要不可欠で、コンテンツ配信などにも応用できます。今でもAWSのなかで代表的なサービスのひとつに数えられています。

    サーバ構築

    Amazon Lightsailは従来のオンプレミス型サーバーよりも手軽で柔軟な運用が可能なクラウド型サーバーを提供しています。

    データベース機能

    Amazon RDSはクラウド上で動作する高速でセキュアなデータベース機能を提供します。ストレージ容量も簡単に変更でき、柔軟なスケーラビリティもメリットのひとつです。

    専用線の構築

    本来はコストの高い専用ネットワークも、AWS Direct Connectを活用することで高速かつ安定したネットワークを安価なコストで導入できます。

    セキュリティ対策

    AWSにはAmazon Inspectorをはじめとしたセキュリティ対策機能も提供されており、安全にアプリケーションを利用できます。

    AI(機械学習)

    Amazon Personalizeを活用すると、アマゾンが培ってきた機械学習の仕組みを活用しながら、手軽に個別のシステムやアプリケーション内にAIの機能を組み込むことができます。

    ワークフローシステム

    Amazon SWFなどを活用することにより、独自のワークフローシステムも構築できます。シンプルな構成かつさまざまなプログラミング言語に対応しており、柔軟な開発性も魅力です。

    Eメール送受信

    Amazon SESを活用することでアプリケーション内にEメールの送受信機能を追加できます。

    開発ツール

    AWS CodeStarをはじめとした開発者用の機能も充実しています。ウェブアプリケーションやウェブサイトなど、用途に応じたテンプレートも多数用意され、開発効率アップにつなげます。

  • AWSの特徴

    AWSが圧倒的なシェアを誇るきっかけとなった要因の一つとして、スモールな課題の改善を繰り返しスピーディーにサービス化、その結果他社よりも先行して多くのノウハウを蓄積できたことが考えられます。以下ではAWSのメリットをいくつかご紹介します。また、同時にAWSのデメリットとして考えられるポイントについても併せてご紹介します。

    メリット

    低コスト

    ITシステムを導入する際には、必要な規模に応じたシステムを構築しなければなりませんが、AWSなら初期費用がかからず、低価格でサーバー構築が可能です。また、AWSは簡単にサーバー台数やCPU、メモリ、ストレージ等のサイズ変更が可能であり、必要なときに、必要な分だけ利用できるため、無駄なコストがかかる心配がありません。

    多種多様なサービス

    AWSではデータベース、ネットワーク、セキュリティなどのインフラ向けサービスのほか、アプリケーションサービスや管理ツールなどのプラットフォーム向けサービスも提供しており、これらを組み合わせることで多様なシステムを構築できます。

    高い信頼性とセキュリティ基準

    AWSはISO27001(※) や PCI DSS(※) など、情報セキュリティに関するさまざまな認証を取得しています。自社でこうしたセキュリティ対策を施すためには、巨額のIT投資が必要となり、常に最新のセキュリティ状態を保つのは容易ではありません。AWSで提供されているクラウドサービスを導入することによって、手軽に高い信頼性を確保できるメリットがあります。

    (※) ISO27001:情報セキュリティに関する国際規格
    (※) PCI DSS:クレジットカードの情報セキュリティに関する基準

    デメリット

    変動するコスト

    多くの選択肢のなかから必要なときに、必要なだけ、低価格で最適なITリソースを利用することができることがメリットである一方、毎月の費用が読めないという側面があります。

    サービス選定の難しさ

    AWSはあらゆる用途に対応できるよう、さまざまなサービスが提供されています。メニューが豊富であるがゆえに、サービス選定および設計ノウハウが必要になります。

    メリット デメリット
    • 低コスト
    • 多種多様なサービス
    • 高い信頼性とセキュリティ
    • 変動するコスト
    • サービス選定の難しさ
  • AWSがIoTに活用されている事例

    新たなテクノロジーとして注目されているさまざまなIoT技術も、その裏ではAWSのサービスが活躍している事例が多数あります。今回はAWSがIoTに活用されている事例を2つご紹介します。

    リハビリ支援ロボット「ウェルウォークWW-1000」の臨床データ活用

    医療機関において歩行のリハビリ支援を行っているロボットから、歩行時の姿勢や荷重、足の接地位置などのデータをグラフ化して自動出力したり、データをアップロードしたりする際の通信にIoTの技術とAWSのサービスが使用されています。患者個人の情報も含むセンシティブな内容のため、できるだけ安全な方法でデータが共有される仕組みを構築する必要があります。

    そこで、IoT通信のプラットフォームとしてソラコム社の「SORACOM Air」と「SORACOM Canal」を活用。これらはインターネットを介することなく直接「Amazon EC2」や「Amazon S3」、「Amazon RDS」などのAWSのクラウド環境にデータをアップロードするため、重要な情報が外部に漏えいするリスクは大幅に低くなります

    リハビリ支援ロボットとAWS

    スマートホーム化に欠かせないロボット制御

    ロボット掃除機を主力商品として展開するiRobotでは、多くの顧客が使用するRoombaを適切に管理するため、約25種類のAWSのサービスを使用しています。
    iRobotがAWSを導入した理由として、拡張可能性、グローバル規模の可能性、幅広いサービスなどが挙げられますが、特にサーバーレスアーキテクチャ(※)の使用により、これまでの自社設備の活用を主軸としたサービス提供から脱却し、設備構築や導入規模について悩む必要がなくなるという点は大きなメリットです。
    また、サーバレスアーキテクチャの導入は構築・運用コストを低減し、10人未満の少ない人員での運用管理を可能とします。その結果、自社設備の運用・管理に必要だった人員を、お客様やビジネス価値創出のために配分することができ、自社サービスの品質を向上することができます。

    (※) 自社でサーバ等の設備を準備することなく、サービスや機能を得られる仕組み

    ロボット制御とAWS
  • IoTの進化や
    クラウドネイティブに欠かせないAWS
    ~IoTpack with SORACOM~

    今後IoTはさまざまな分野において、多くのデバイスから膨大な情報を取得しさまざまな分野に応用され、産業を大きく変革するといわれています。しかし、それと同時に解決すべき課題が多いことも確かです。
    2020年から5G通信の提供が予定されていますが、4Gから本格的に5Gへの移行が進んでいくと従来よりも大量のデータを取得することになります。そのデータを閉域網によるセキュアな通信でAWSに転送し、可視化・分析に最適な形で保存・蓄積することができるIoTプラットフォームの構築サービスにも期待が集まっています。KDDIのグループ企業であるアイレットが提供する「IoTpack with SORACOM」では、主に製造業に向けて、データ蓄積基盤をセキュアな環境で提供。収集対象とするIoTデータの選定や要件整理から、デバイスの選定・調達までを一貫して支援しています。

    近年、アプリケーション開発やシステム開発の世界ではクラウドでの利用をはじめから想定して開発を行う「クラウドネイティブ」という言葉が登場し注目を集めています。AWSはクラウドネイティブを実現するうえでも重要な役割を果たすものであることは間違いありません。

    (文:西村広光)

    • 円滑にAWSへの移行を実現する migrationpack
    • 【東京/大阪】無料のAWS導入相談会を毎週開催中!

まずはお気軽にご連絡ください。
専門の担当者が丁寧にサポートします。

お問い合わせはこちら

IoTコラムアクセスランキング

[2020年7月6日~7月12日]