IoTコラム - KDDIが取り組むドローンのビジネス活用事例をご紹介します

【スマートドローン 連載コラム 第1回】

ドローンをビジネスに利用する理由とは?
通信会社が得意とする活用事例

このスマートドローン連載コラムの執筆にあたって
KDDI株式会社 経営戦略本部 次世代基盤整備室 3Gの
山崎 颯さんに解説いただきました。

ドローンといえばエンタメ要素が強いものというイメージがありますが、
実はKDDIが「スマートドローン」という名称でビジネスへの実用化に向けて
取り組んでいるということをご存知でしょうか。

全3回にわたり、スマートドローンについて紹介していきます。
今回は、スマートドローンとは何なのか、
どのようなビジネスへの活用が期待されているのかも含めて解説します。

  • スマートドローンとは?

    スマートドローンとはドローンにKDDIの通信ネットワークを対応させることで遠隔制御による、より安全な長距離飛行を可能とすることができます。従来のドローンとの決定的な違いは、携帯電話基地局からの遠隔制御を可能にし、飛行可能なエリアが劇的に拡大するという点です。

    現在市販されている一般的なドローンの多くは2.4GHz帯などのアンライセンスバンドによる制御を行っており、操縦者から一定の範囲内でしか飛行させることができません。そのため、操縦者とドローンの間に障害物などがあると飛行距離も短くなってしまいます。

    しかし、スマートドローンはアンライセンスバンドによる通信ではなく携帯電話のネットワークを活用します。操縦者との直接通信によって制御する従来のドローンと、全国に張り巡らされた携帯電話ネットワークを活用できるスマートドローンを比較したとき、通信可能な範囲に圧倒的な差があることは明らかです。

    ちなみに、ドローンのもうひとつの問題点である連続稼働時間については、「ドローンポート」とよばれる充電基地のような設備を作ることで課題を解消します。

    ドローンポート
  • KDDIがドローンに取り組む理由

    なぜKDDIはスマートドローンを提供するのでしょうか。そこには「ドローンの広域自律飛行を可能にする」ということと、「大容量のデータをリアルタイムで共有できる」という2つのポイントがあります。

    従来のドローンは訓練を受けた操縦者でしか高度な操作ができず、さまざまな業務に活用するうえで大きな参入障壁となっていました。その場に操縦者がいないとドローンを飛ばすことができないということは、ドローンを導入できる場所や時間も限られてしまいます。
    しかし、携帯電話ネットワークを活用し遠隔制御によって自律飛行が可能になることで、これまでドローンの活用を諦めざるを得なかった多くの業界にも浸透することになります。このように、広範囲での完全自律飛行を実現するためには、現在KDDIが提供している4Gの携帯電話ネットワークが必要不可欠な存在です。

    また、KDDIが今後サービス開始を予定している「5G」をスマートドローンに活用することで、大容量の映像データを瞬時にクラウドにアップロードすることも可能になります。5Gは4Gに比べて通信可能な範囲が狭いという現状がありますが、高精細な映像データの収集が必要とされる業種において5Gネットワークを活用したスマートドローンは必要不可欠な存在になると期待されています。また、今後は4Gから5Gへの本格的な移行が進んでいくため、5G対応エリアは徐々に広がっていく予定です。

    このように、4Gと5Gのそれぞれの特性を活かしてドローンに活用することで、これまでにない新たなドローンの活用方法が見出されることになります。

    スマートドローン インフラ

    スマートドローン インフラ

  • 実証実験で見えてきた活用方法

    KDDIでは国や自治体、企業と合同でスマートドローンの実証実験を行っており、いくつかの具体的な活用方法が見えてきています。その中から、今回は「広域監視」と「精密農業」に関する活用事例を紹介しましょう。今回ご紹介するのは、いずれも5Gネットワークによるスマートドローンの活用事例であり、今後幅広い産業に応用されることが期待されています。

    広域監視

    瀬戸大橋

    橋や鉄塔、ダムなど、高所での危険がともなうインフラ点検ではドローンの活用が有効的です。しかし、人の目による点検と同等の精度を実現するためには、超高精細な映像を撮影しなければなりません。亀裂やヒビ割れ、ボルトの緩みなどは細かな部分まで確認しなければ発見することができないためです。
    そこで5Gのスマートドローンを活用することで、超高精細な4K映像を瞬時にクラウドへアップロードし、異常を早期に発見することが可能になります。また、高所作業による危険も緩和されるため作業員の負担が大幅に軽減することにもなるでしょう。

    精密農業

    田園風景

    農業における生育監視もスマートドローンの活用事例のひとつです。田畑の上空からドローンで映像を撮影し、果実の実り具合や葉の色、土壌の状況など、微妙な違いを見極めます。このとき、農作物の生育状況を細かに確認するためには超高精細な映像データが必要となります。また、田畑の全体映像が見られることによって生育状況の違いを一目瞭然で把握することも可能。
    スマートドローンで農作物の状況が分かると、肥料や農薬の量を適切に管理することが可能になると期待されています。また、これまで長年の経験や勘に頼ってきた農作業におけるノウハウも、データによって蓄積していくことができます。緻密な計算に基づいた科学的なデータがあれば、高度な農業の技術を後世に遺していくことも可能になるはずです。

    このように、KDDIが推し進めているスマートドローンはさまざまな分野において実用化が期待されています。近い将来、上空をスマートドローンが自律飛行しているという光景は決して珍しくないものになっているかもしれません。

    (文:西村広光)

KDDIのスマートドローンにご興味をお持ちの方
まずはお気軽にお問い合わせください。

様々な業種に合わせたソリューションをご案内させていただきます。

お問い合わせはこちら

コラムアクセスランキング

[2019年11月4日~11月10日]

ドローン導入事例

関連ページ