IoTコラム - xRとは?KDDIが取り組むxRと将来性、解決すべき課題をわかりやすく解説します

xRとは?
KDDIが取り組むxRと将来性、見えてきた課題

さまざまな企業が活用を始めているxR(エックスアール)は、
エックスリアリティ」、「クロスリアリティ」とも呼ばれています。
今回はxRについてわかりやすく紹介するとともに、KDDIが取り組んでいるxRとその将来性、
解決すべき課題などについても解説していきます。

  • xRとは?

    xRとはVR(仮想現実)AR(拡張現実)MR(複合現実)SR(代替現実)など、現実世界と仮想世界を融合するさまざまな技術を総称する言葉です。
    xRという言葉が生まれた背景には、これらの技術同士の境界線が引きにくくなっているという理由が挙げられます。VR寄りのMRや、MRに近いARの技術も存在するため、「さまざまなリアリティ体験技術」という広い概念として「xR」と表現することにより、汎用性の高い解釈が可能となっています。

  • VR・AR・MR・SR
    それぞれの特徴と活用方法

    xRをより具体的に理解するために、VR、AR、MR、SRそれぞれの特徴と活用方法について紹介します。

    VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)・SR(代替現実)

    VR(仮想現実)

    VRはヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルを装着することによって、現実の遠く離れた場所や仮想の空間を体験できる技術です。VRによって作り出される空間はあくまでも仮想であり、現実とリンクしないことがポイントです。

    VR
    活用事例
    • ゲーム(PlayStation VR)
    • 不動産物件の内見
    • 旅行先の下見 など

    AR(拡張現実)

    ARは目の前に存在する現実世界をスマートフォンなどのカメラ映像によって仮想情報と重ね合わせる技術です。画面上ではさまざまな映像や画像、データなどがリアルタイムで上書きされ、あたかも現実が拡張している世界を体験できることがARのポイントです。

    AR
    活用事例
    • ゲーム(Pokémon GO)
    • インテリア試着アプリ(ニトリ RoomCoAR) など

    MR(複合現実)

    MRはカメラやセンサーなどを搭載した専用のゴーグルを装着し、仮想世界と現実世界を融合しながら相互に影響を与える技術です。たとえばテーブルにある仮想の物体をタッチするように手で動かすと、色が変わったり、変形したり、その物体の情報が映し出されたりと、さまざまなアクションを起こすことも可能です。また、同じ仮想空間上で複数の人間が同時に操作し、協働作業などを体験できることがポイントです。

    MR
    活用事例
    • 建設予定地での建物の実寸表示による案内
    • アミューズメント施設や商業施設でのイベント活用 など

    SR(代替現実)

    SRとは専用の特殊ゴーグルなどを装着し、目の前の現実世界とそこで起きた過去の出来事が重なり合い、あたかも現実で起こっているかのような体験ができる技術です。また、仮想で触れた物体の触覚まで再現することも可能です。SRはまだ具体的な活用事例が少ないですが、現実世界なのか仮想世界なのか判断がつかなくなるほどの高い没入感を得られることがポイントです。
    言葉だけでは伝わりにくいため、理化学研究所の体験型パフォーマンスをご紹介します。

  • KDDIが取り組むxR

    KDDIが現在取り組んでいるxR技術の事例をいくつか紹介します。

    VPS(Visual Positioning Service)

    VPS(Visual Positioning Service)はスマートフォンなどのデバイスをかざした場所から位置と方向を測定できる技術です。衛星写真をもとに3Dマップを生成し、カメラで映し出された映像から現在位置と方向を特定します。AR技術と併用することによって、街の中にある店舗の情報を表示したり、ルート案内や仮想の街頭広告なども表示できるようになります。
    また、VPSは屋外だけではなく屋内での利用にも対応できるよう検証を進めているほか、将来的にはスマートフォン以外にもスマートグラスなどのウェアラブルデバイスでも利用できるようにする予定です。

    Free-viewpoint Video(自由視点)

    Free-viewpoint Videoはスポーツの試合や音楽ライブなどにおいて、さまざまなアングルから観戦できる技術です。会場内に複数台のカメラを設置し、観客はスマートフォンやタブレットなどのデバイスから視点を選択します。カメラが設置されていないポイントにおいても、複数の映像を合成することによって臨場感溢れる迫力のある映像を楽しむことができます。

    Digital Human

    Digital Humanとはその名の通りバーチャルに描かれた人間のことを指します。人間と同様の表情はもちろん、目のまばたきや言葉を発する際の口の動きなどもリアルに描かれ、本物の人間とコミュニケーションをとっているかのような錯覚に陥るほどの完成度を誇ります。
    Digital Humanは機械の操作が苦手なお年寄りなどに対して、ホテルの受付などの接客サービスに活用することができます。多言語に対応できるため宿泊施設は勿論、外国人観光客の多い商業施設や観光スポットでの活用も期待できます。

    XR Door

    XR Doorはスマートフォンの画面上にARのドアが現れ、ドアを通過した先で様々なVR体験ができるというものです。VR映像を見るためにはスマートフォンを持った状態でドアのある方向へ移動し、実際にドアを通過するアクションが必要なため、まさにアニメで見たような未来の世界が体験できます。
    XR Doorを応用すれば、たとえばサッカーの試合が行われているピッチ上に移動し、選手の横で試合を観戦するような、画期的な仮想体験をすることもできます。現実世界では難しいことも、XR Doorによって新たな楽しみを発見することができます。

    スマートグラス(NrealLight)

    KDDIではスマートグラスの開発に注力するため、Nreal社との提携を発表しました。Nreal社では「NrealLight」というスマートグラスを開発していますが、これは頭の動きに加えて体の移動にも対応できる6DoFトラッキングを採用しています。同社の開発するスマートグラスの性能が非常に良いため、今後KDDIが提供するさまざまなxR技術に対応するため注力していく予定です。
    また、2019年12月からKDDIとNreal社は「EVE2020」という開発プログラムをスタートしました。これはNrealLightとスマートフォンを無料で貸し出し、アプリ開発に関する技術サポートも受けられるというプログラムです。

  • xRの可能性と課題

    xRは日々進化しており、これまでにない革新的なサービスや用途で活用されることが期待されている技術です。xRの魅力はまるでその場にいるかのような現実空間を再現できることであり、その実現のためにはヘッドマウントディスプレイなどのデバイスが必要不可欠です。現在はスマートフォンやタブレット端末などが多くのユーザーに支持されていますが、今後xRが日本や世界で浸透することで、スマートグラスなどの高性能ウェアラブルデバイスが主役になる可能性もあります。

    一方で、xRが本格的に普及するうえで解決すべき課題も少なくありません。中でも、大容量・高速化が求められるデータ通信を支えるネットワークは欠かせないポイントといえるでしょう。従来の4G(LTE)ネットワークではxRで使用するデータ容量が多く、通信設備が処理できない可能性が高いため、KDDIでは従来の4Gネットワークに比べてより大容量・高速化が実現できる5Gネットワークを構築しています。この5Gネットワークを活用することで、xR技術を活用した様々なサービスをユーザーの皆様にお届けします。

    (文:西村広光)

コラムアクセスランキング

[2020年3月30日~4月5日]