KDDI Location Data - 位置情報ビッグデータを活用した統計データで新しい付加価値創出

KDDI Location Data

通信キャリアならではの高解像度の位置情報ビッグデータを活用した
統計データを提供するサービスです。

正確な数値を把握できずに的確な施策を打てずに
困っていませんか?
  • 出店計画

  • 運行路線の
    最適化

  • 警備人員の
    最適化

  • 新施設の
    検討

  • 配車の
    最適化

通信キャリア独自の「特定エリアの人口や人の流れに関する情報」をメッシュ単位でご提供。

KDDI Location Data 画面イメージ

※ご提供したデータをお客さまにて
地図上に可視化したイメージ

KDDI Location Data は、移動滞在の実績データと未来予測データの2つがご利用いただけます。
提供内容は以下のとおりです。

移動滞在データ

過去の位置情報統計データを月単位でお客さまにご提供いたします。

未来予測データ

未来のある特定エリアにおける人数を推計したデータをお客さまにご提供いたします。

提供単位

1時間単位の情報を1ヶ月分(月1日~月末日)

1時間先の情報を15分ごとに

メッシュ粒度

100m/125m/250m/500m

250m/500m

提供カラム

日時、メッシュコード、移動人口、
滞在人口、性別、年代

日時、メッシュコード、移動人口、
滞在人口、性別、年代

出力形式

CSV

JSON(API提供)

※は今後拡充予定

概要

同意を得たauスマートフォンユーザーの端末から定期的に蓄積するGPS位置情報などに、時間、標準地域メッシュなどの単位で加工および集計を施したデータをお客さまに提供。
通信キャリアならではの位置情報データと属性情報(性別、年齢層等)をその他外部データと組み合わせることによって新しい付加価値創出にご活用いただけます。

auユーザー

[位置情報]GPS位置情報・[属性情報]性別・年齢層等

※属性については今後拡充予定

様々な外部データ
  • 公共交通機関の
    運行状況

  • イベント情報

  • 施設情報

  • ヘルスケア

  • 地図情報

  • 気象情報

新たな付加価値を提供
民間系
  • 商圏分析

  • 出店計画

  • 売上予測

公共系
  • 観光施策

  • 防災計画

  • 都市計画

外部データとしてKDDI IoTクラウド API Marketをご利用頂くことも可能です。

KDDI Location Dataの特徴

Point1 高解像度・高頻度の位置情報

移動滞在
データ

最短数分間隔で取得されるGPS位置情報を集計・加工することで、高解像度かつ高頻度のデータがご提供できます。

Point2 正確な属性情報

移動滞在
データ

au通信サービス等のご契約時、申込書にご申告頂いた性別・年齢層等の情報を活用し、推計ではない正確な情報がご提供できます。

Point3 滞在人口だけでなく
移動人口も把握可能

移動滞在
データ

1.位置情報からメッシュ番号を振る 2.各メッシュのデータについて、移動・滞在を判定1.位置情報からメッシュ番号を振る 2.各メッシュのデータについて、移動・滞在を判定

GPSデータにメッシュ番号を振り、同メッシュ内に滞在している時間を算出することで移動・滞在を判定しています。同メッシュ内で留まっている時間が一定時間未満の場合を「移動」、一定時間以上の場合を「滞在」としてご提供できます。

Point4 未来の予測人口を提供可能

未来予測
データ

KDDI保有位置情報データKDDI保有位置情報データ

KDDI保有の位置情報をAIに学習させ、未来のメッシュ単位人口を予測します。
位置情報データを”過去データ”と”直近データ”に分けて用いることで、精度の高い未来の人口予測がご提供できます。

ユースケース

移動滞在データ

地方自治体
  • 過去人流動態をもとに、新施策検討
  • 地域活性化への貢献
  • 子育て世代への支援

保育園等新設

[施設情報][道路情報](地方自治体)+[位置情報](KDDI)

バス会社
  • 過去の人流動態に合わせ運行路線を最適化
  • 収益性の向上
  • 利用者満足度の向上

運行路線の最適化

[運行情報][アンケート情報](バス会社)+[位置情報](KDDI)

未来予測データ

タクシー会社
  • 未来の人流予測をもとに、需要(乗客)予測
  • 新人ドライバー即戦力化
  • 燃料費、維持費削減

ナビで配車を最適化

[施設情報][道路情報](タクシー会社)+[位置情報](KDDI)

警備会社
  • 未来の人流予測をもとに、人員(警備員)を最適化
  • 事件対応迅速性向上
  • 地域住民安心感向上

ハイリスクエリアへの配置最速化

[施設情報][道路情報](警備会社)+[位置情報](KDDI)

KDDI Location Dataで取得した統計データを重ねると
ヒートマップが作成可能です。

※自然分類で分類しています。

※自然分類とは「データの変化量が比較的大きいところに閾値が設定される方法」です。視覚的に判断しやすい分類手法として広く利用されています。

KDDI位置情報サービスのラインナップ

KDDIの位置情報サービスはお客さまのご要望に合わせた3つのメニューをご用意しております。

KDDI Location Data

ロケーションデータ

シンプルにデータのみを提供(CSV・JSON)

自社で開発中のシステムやアプリなどにデータだけを組み込みたい方におすすめ。お客さまご自身にてフルカスタマイズ可能です。

KDDI Location Analyzer

ロケーションアナライザー

ダッシュボード機能つきで分析結果の見える化を実現

ダッシュボードの中に様々なデータをご用意、お客さま自身で必要なデータをグラフやヒートマップなどでご覧いただけるセルフ分析ツールです。

Location Trends

ロケーショントレンズ

ご希望に応じた分析結果をレポート形式でご提供

動態分析レポートと活用ワークショップで初心者の方でも気軽に分析データの活用方法をサポートします。

資料請求・その他の
お問い合わせ

資料請求、ご質問がございましたら、
お気軽にご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

関連サービス