KDDI IoTクラウド~作業員みまもり~

作業員の装着するウェアラブルデバイスより危険状態を作業管理者へ通知し、
作業員の安全管理に貢献します。

「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」は、製造現場や建設現場で働く作業員や管理者が装着したウェアラブルデバイスにより温湿度など周囲の環境を測定し、熱ストレスレベルや悪天候などを予測し、作業現場責任者などへ通知することで、作業員の安全管理に貢献します。また、労働災害が発生した場合も、発見・対応までの時間が短縮できるため、被害を抑えることにつながります。

「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」は、作業現場のニーズにあわせて、3つのコースを用意しています。

1. +バイタルセンシング

作業員が装着するリストバンドによって周囲の温湿度や作業員のパルス数などを測定し、それらの情報を組み合わせたアルゴリズムを活用することで、作業員ごとに熱ストレスレベルを推定することができ、危険と判断された場合はアラートが通知されます。

2. +転倒検知

作業員が装着するリストバンドによって周囲の温湿度や作業員のパルス数などを測定し、それらの情報を組み合わせたアルゴリズムを活用することで、作業員ごとに熱ストレスレベルを推定することができ、危険と判断された場合はアラートが通知されます。

作業員ごとに熱ストレスレベルを推定作業員ごとに熱ストレスレベルを推定

<+バイタルセンシング、+転倒検知 サービス構成イメージ>

3. +天候予測

高精度な気象予測システムと、お客さまが携行する気象センサーにより取得する気象情報を組み合わせることで、大雨や強風などの悪天候を予測し、作業現場単位でスマートフォンへアラームを通知します。

気象アラーム・熱中症アラーム等をリアルタイム通知気象アラーム・熱中症アラーム等をリアルタイム通知

<+天候予測 サービス構成イメージ>

料金などの詳細情報はKDDI.comサイトに掲載しております。

詳細情報を見る

お客さま導入事例