KDDI IoTクラウド~トイレ空室管理~

トイレ (個室) の扉に開閉センサーを設置し、リアルタイムに利用状況を可視化、
待ち時間の短縮と清掃タイミングの最適化など、効率的な運用に貢献するサービスです。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」では、センサーをトイレ (個室) の各扉に取り付けることで扉の開閉状態を検知し、開閉情報をゲートウェイ経由でクラウドに通知し、トイレの利用状況を可視化します。

ユーザーは実際にトイレに行かずとも、パソコンやスマートフォンのウェブ画面からトイレの利用状況を確認でき、空いているトイレを使用することで待ち時間の短縮が図れます。

また、施設管理者は専用の管理画面から、トイレ (個室) ごとの利用率や利用時間を把握でき、利用実態の把握やトイレ清掃間隔の適正化など、効率的な運用に貢献します。

トイレの利用状況を可視化トイレの利用状況を可視化

料金などの詳細情報はKDDI.comサイトに掲載しております。

詳細情報を見る

お客さま導入事例