IoTクラウド トイレの空室管理 - トイレに開閉センサーを設置し利用状況を可視化

KDDI IoTクラウド~トイレ空室管理~

ウェブ画面からトイレの利用状況を確認でき、
待ち時間の短縮と清掃タイミングの最適化など、効率的な運用ができます。

Point 1 便利な専用ウェブサイト

利用者がスマートフォンやパソコンで簡単にトイレの空き状況を確認でき、待ち時間の解消による生産性の向上やストレス低減に貢献します。

  • 利用者画面

    利用者画面

  • 管理者画面

    管理者画面

Point 2 運用状態の可視化と改善

施設管理者はトイレの利用率や時間別利用状況の閲覧が可能です。データを活用することで利用実態の把握やトイレ清掃タイミングの最適化、トイレのブース追加・廃止など、効率的な運用に貢献します。

Point 3 事故の早期発見と犯罪の防止

トイレ(個室)のドアが閉まってから30分後に管理者にアラームを鳴らすなどの設定をすることにより、万が一の場合、事故の早期発見や犯罪などのトラブル防止が可能となります。

概要
トイレの利用状況を可視化

*1:BLEとはBluetooth Low Energyの略です。

まずはお気軽にご連絡ください。
専門の担当者が丁寧にサポートします。

お問い合わせはこちら

さらに詳しい情報はKDDI.comサイトに掲載しております。

お客さま導入事例

その他のサービス