KDDI IoTクラウド~トイレ節水管理~

トイレの配管のフラッシュバルブと個室内コントローラーが連動し、
最適な流量で水量をコントロールできるサービスです。

オフィスや公共のトイレでは、大小で水量を流し分けないタイプの便器が一般的です。このため、小用でも大用に対応した水量を流すため無駄な水量が発生することがあります。「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」では、トイレブース内にセンサーを設置し利用者が滞在する時間を計測。滞在時間の長さに応じて大用・小用を判断し、それぞれに必要な水量を流し分けることで、ムダな洗浄水を削減します。

トイレ

料金などの詳細情報はKDDI.comサイトに掲載しております。

詳細情報を見る