SORACOM Airfor セルラー plan-KM1 (LPWA)

これからIoTを始めたいお客さま向けの新しいIoTサービスです。

「SORACOM Air forセルラー plan-KM1」は、LPWA (注1) の特長を活かしたIoTビジネスを検討中、あるいはLPWA対応のIoTデバイスを開発したい、といった法人のお客さまにぴったりのIoT回線サービスです。直感的で分かりやすいユーザーコンソールと機能豊富なソラコム社のオプションサービスを利用できるという、SORACOM Air forセルラーの特長はそのままに、これまでのLTEに加えて、LTE-M方式に対応したLPWA専用のSIMをご利用いただけるようになりました。

注1) LPWAとは、Low Power Wide Areaの略で、省電力かつ広域なエリアカバレッジを特長とする通信方式です。

あらゆるものがネットワークに繋がる
モノのインターネット社会へ
  • 低消費電力

    通信周波数帯の狭帯域化および待受け時の待機電力最少化により低消費電力を実現

  • 広いエリア

    通信データの繰り返し送信で通信成功率を向上させることにより広いエリア(高浸透度)を実現

  • 低速通信

    通信速度(データレート)を低速に制限

  • 低価格端末

    通信速度を低速に制限することにより、安価な低性能の部品で通信端末を構成することが可能

代表的なユースケース 電源確保が困難、電波が届きにくかった場所・物へもIoTサービスの導入が可能に
  • ガス・水道メータリング

    電源確保が難しく電波が届きにくかったメータボックス内に電池で駆動可能なスマートメータを設置

  • 貨物追跡

    電源が確保できないコンテナ等の貨物や自転車等へ、電池駆動のGPS追跡装置等を取り付け

  • ウェアラブル

    見守り端末について、バッテリーサイズそのままで充電頻度が拡大/スマートフォンを経由せずスマートウォッチ、バイタルセンサー等のウェアラブル端末がインターネットに接続

  • 環境・農業系センサー

    電源確保が難しく電波が届きにくかった山間地、僻地、河川、海上、農地、牧場等に、電池駆動の各種センサーを設置

  • ファシリティ

    電波が届きにくかった商業ビル・オフィスビルの電源設備室や空調機械室等に、機器類の稼働状況を監視するメータ類を設置

  • スマートホーム

    電池駆動が可能となることにより、インターネット経由での玄関ドアロック、窓の開閉監視、家電の遠隔操作等を実現

LPWAで広がるIoTマーケット
2020年国内IoT市場ID数(WAN)予測

※ 出典:シードプランニング2016年版「IoT・M2M通信モジュール/サービスの市場展望」

料金などの詳細情報はKDDI.comサイトに掲載しております。

詳細情報を見る