IoT通信サービス LTE - 通信モジュールからネットワーク・クラウドの提供まで

KDDI IoT通信サービスLTE

「KDDI IoT通信サービス LTE」は、
auの4G LTEネットワークの広いエリアでご利用可能です。

Point 1 広いエリア

室内や山間部へも電波の届きやすいプラチナバンドを利用しているから、つながりやすい。

auの4G LTE 800MHzプラチナバンド人口カバー率 99%超

*1:「人口カバー率」は国勢調査に用いられる約500m区画において、
50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出しています。

Point 2 ご利用タイミングでの課金開始

機器からの通信開始を契機に通信料金の課金を開始する方式です。機器の通信開始を契機とすることで、製品の製造過程、在庫期間中の不必要な通信料金の発生を防ぐことができます。

  • ※KYM12以外は、Over The Air(OTA)機能(有償)のお申し込みが必要となります。
  • ※Over The Air(OTA)機能とは、無線を利用して回線の開通・解約を行う機能です。
課金開始フロー
Point 3 音声通話サービスVoLTE

データ通信に加え音声通話も利用可能。LTEによる音声通話サービスVoLTEに対応することで、クリアな音質を実現しました。緊急時の呼び出しやご利用者さまのサポートなどさまざまな用途にお使いいただけます。

対応する音声周波数帯域

料金などの詳細情報はKDDI.comサイトに掲載しております。

詳細情報を見る

お客さま関連事例

その他のサービス